高知県の調剤薬局 くろしお薬局グループの、薬局業務・在宅医療・漢方調剤を紹介します。

業務案内業務案内

くろしお薬局グループ薬剤師写真1

 調剤、販売、服薬指導だけが薬剤師の仕事でしょうか?
「患者様に喜んでもらいたい」と本当に思うなら、仕事はそれだけではないはずです。私たちは患者様とコミュニケーションを通じて、不調を見逃さない聞き取りを行い、よりきめの細かい服薬指導と薬歴管理を行っています。医師や他の職種と連携を取ることも忘れません。「薬をうまく服用できていない」と思われる患者様がいれば、自宅にも足を運びます。それにより家庭環境に応じた薬剤管理法の指導ができ、体調の把握もできるからです。
学校などからの依頼を受けて、正しい薬の使い方の講演も行います。この活動は私たちが単なる薬剤師を「身近な健康相談の相手」として、頼りにしていただけるための、地域の人たちとの交流です。
私たちは患者様の期待以上に働き、いい意味で期待を裏切るために、本気で仕事に取り組んでいます。

くろしお薬局グループ薬剤師写真2

薬局業務薬局業務

調剤中の薬剤師

患者様が病院で診察された際に、医師から病気の治療に必要な薬の種類や量、服用法が記載された「処方箋(しょほうせん)」を確認し、調剤します。
複数の種類の薬を処方する場合に一包化したり、錠剤が苦手な患者様に錠剤を粉砕してお渡しするなど、患者様が薬を扱いやすくする工夫も調剤の仕事です。
薬を調剤し、患者様にお渡しする業務は、薬剤師にしかできない仕事です。豊富な専門知識で慎重に・正確に調剤業務を行います。

「いつもと同じです」「お大事に」だけの服薬指導ではなく、体調の変化を見逃さない聞き取り、そして医療・介護・保険・福祉の連携を意識した、きめの細かい服薬指導と薬歴管理を追及。そして得られた情報を医師や他の職種にフィードバックして連携を取っています。

服薬指導している薬剤師
服薬指導している薬剤師

「いつもと同じです」「お大事に」だけの服薬指導ではなく、体調の変化を見逃さない聞き取り、そして医療・介護・保険・福祉の連携を意識した、きめの細かい服薬指導と薬歴管理を追及。そして得られた情報を医師や他の職種にフィードバックして連携を取っています。

「いつもと同じです」「お大事に」だけの服薬指導ではなく、体調の変化を見逃さない聞き取り、そして医療・介護・保険・福祉の連携を意識した、きめの細かい服薬指導と薬歴管理を追及。そして得られた情報を医師や他の職種にフィードバックして連携を取っています。

薬歴管理をしている薬剤師

患者様が、いつ・どんな薬を・どれくらいの量服薬しているかを記載するのが薬歴管理は薬のカルテのようなものです。
また、副作用・アレルギーの有無や患者様から伺った体調に関する情報なども記録しています。

訪問薬剤管理指導(在宅医療)訪問薬剤管理指導(在宅医療)

薬局に足を運びたくても運べない患者様のもとへ薬剤師が足を運ぶ。それが在宅医療における訪問薬剤管理指導です。くろしお薬局グループでは「地域密着の薬局」をモットーに訪問薬剤管理指導にも力を入れています。

会話やスキンシップなど五感を使って患者様の様子を伺ったり、薬剤管理状況を確認します。
また、医師や看護師、ケアワーカー・ケアマネージャーなどと連携をとり、患者様やご家族が、より安心して療養に努めることができるよう、薬の専門家としてさまざまな支援を行っています。

在宅訪問の薬剤師

病院や薬局に出向くことがつらい

病状が思わしくない、歩行が困難、一人暮らしでなかなか外出をしづらいという患者様のご自宅に薬剤師が訪問します。
ご自宅で処方箋薬を受け取ることができます。

薬が飲みにくい、飲み忘れが多い

服薬を助けるための補助ゼリーを使ったり、カプセルのお薬を粉末に変更したり、患者様が薬を飲みやすくするための提案を医師と連携して行います。お薬ポケットのついたお薬カレンダーをセットするなど、患者様がいつ・どの薬を飲むのかわかりやすくする工夫も行います。

複数の病院(診療科目)に通院している

同じ薬が処方される(重複投薬)、飲み合わせの悪いお薬が処方される(相互作用)などのフォローをし、必要があれば各担当医師と連携をとり、患者様の負担を軽減できる処方のご提案をいたします。

漢方処方漢方処方

当グループは2013年5月から、新たな取り組みとしてこの漢方薬局を開局しました。
漢方をはじめとする東洋医学は、病原に直接アプローチする西洋医学とは異なり、体全体のバランスを整える考え方に基づいて治療します。当局には日本でも数少ない最新鋭の機器を導入し、効率よく、精度の高い漢方薬の調剤ができる環境を整備しています。

お問い合わせはお気軽に

ページ上部へ